道具

焚き火用チェアのおすすめモデル!焚き火を最大限楽しもう!!

焚き火用チェアのおすすめモデル!焚き火を最大限楽しもう!!

この記事でわかること
・焚き火とテントとの距離がわかる

・焚き火はキャンプの醍醐味

焚き火はキャンプの一日を締めくくるメインイベント。

炎を手に入れて進化した人類のDNAを呼び覚まします。

その不正確に揺らぐ炎を眺めていると、現実の時間と心の時間は乖離され、隣人と言葉を交わさなくとも分かり合える、そんなちょっとスピリチュアルな空間が訪れます。

・焚き火用チェアとは?

焚き火チェアとは、一般的に使われるキャンピングチェアと違い、難燃性の素材が使われています。

具体的には、コットン100%の商品が多く見受けられます。

コットンは給水しやすく、ナイロン製のものと比べ重たいなどのデメリットはありますが、火の粉が付いても払うだけで穴が開きにくいという、大きな安心感があります。

・焚き火用チェアを取り入れるメリット

ロースタイルチェアで、少し離れて焚き火を眺めるのがお勧めです。

座面が低ければ炎との距離も近いですし、薪を扱いやすく、より温かみを感じられるなどのメリットがあります。

焚き火台火を眺めようとした時に、イスの座面が高いとどうしてものぞき込む形になります。

のぞき込むと薪が爆ぜた時などにどうしても危険が伴うので注意が必要です。

・焚き火用チェアのおすすめまとめ

 FIELDOOR クラシックチェア 木製 × コットンBUNDOK(バンドック) ロー スタイル チェアCRAZYCREEK クレイジークリーク HEX2.0 
耐燃性×
価格
座り心地
耐荷重100kg80kgなし
軽さ×4.2kg×3.4kg◎610g
スタイルローチェアローチェアローチェア

焚き火への耐性が高いのは、「FIELDOOR クラシックチェア 木製 × コットン」が一番良いです。

FIELDOOR クラシックチェア 木製 × コットン 

座面生地は通気性が良く丈夫なコットン製。

フレームは天然のブナ材が使用され耐荷重も100㎏と十分です。

ひじ掛けもあり、ゆったりと焚き火を眺める事が出来ます。

BUNDOK(バンドック) ロー スタイル チェア

コストパフォーマンスに優れたこちらの商品。

組み立て、収納共にワンタッチでどなたでも簡単に扱えます。

座っているうちにコットンが少しだけ伸びて体にフィットしてきます。

使う程に愛着が湧く商品です。

CRAZYCREEK クレイジークリーク HEX2.0

究極の“ロー”チェア。座布団に背もたれがついた商品。

素材が引き裂き強度に優れたリップストップナイロンで、直接地面に置いても破れる心配がありません。

フレームはカーボン製で610gと抜群の軽さです。

ナイロン製なので、火の粉には弱いですが、小さな焚き火台で一人ゆっくり楽しむのに最適です。

背もたれの角度調整もでき、快適にくつろぐことが出来ます。

・まとめ

焚き火はキャンプのイベントの中でも最も原始的な行動です。

焼く、温まる、そして眺め語り合う。

長い時間そこに止まり体を動かさないでいるので、イスはなるべく体に合った物を選びましょう。

そうすることでじっくりと自分を見つめ、相手を思いやる事が、より深くできます。

快適なチェアで優雅な焚き火をお楽しみください。

おすすめ記事

-道具

Copyright© カテキャン , 2020 All Rights Reserved.