地面からの冷気を防げ!冬キャンプでおすすめのコットの活用

地面からの冷気を防げ!冬キャンプでおすすめのコットの活用
目次

冬キャンプでは底冷えが恐ろしい!対策にコットが有効

冬キャンプでは、日中だと意識的にストーブで暖をとることができます。

しかし、寝る時はストーブを消しているので、体温の維持は、防寒着と寝袋、強いて言えば湯たんぽが頼りになります。

そして一番問題なのが底冷えです。体の重さでどうしても地面側の綿のかさ(ロフトと言います)がつぶれてしまい、保温力が低下し、地面からの冷気が伝わってきます。

その対策として最も効果のあるのが、コットの利用です。

コットとは折り畳み式、または分解することのできる簡易ベットで、最近キャンプで使用される方が注目のアイテムです。

コットで物理的に地面とふれないのはもちろん、地面とのあいだに空気があることで、断熱効果が高まります。

豆知識として、コットにブランケットをかぶせると、下の空気が動かなくなるので、より断熱効果を高めることができます。

シュラフとマットも合わせて選ぼう

コットで物理的に地面との距離をとっても、シュラフ(寝袋のことです)とマットが、キャンプ地の気温に対応していないと、寒さを防ぐことはできません。

季節にあったシュラフ、マットを適切に選び、快適な眠りを確保しましょう。

シュラフは主に、春から秋の3シーズンモデル、冬用に分かれています。

3シーズンモデルは、春秋は寝るときの服装、夏はファスナーを開けるなどして、温度調節します。

対して、冬キャンプの場合は、しっかりした冬用モデルを選ばないと、寒くて寝れないといったことになります。

マットはフォーム材や、インフレータブル式など、いろいろ種類があり迷うところですが、冬キャンプであれば、保温力を重視したエアーマットがおすすめです。

エアーマットは空気を入れて使用するので、断熱効果がたかく、冬キャンプにはピッタリです。

空気を入れるのが大変そうに思われるかもしれませんが、最近のモデルは空気入れが一体型になっていることが多く、簡単に準備することができます。

もちろん、空気を抜けばコンパクトに収納することができるので、家族全員分そろえても場所はとりません。

あわせて読みたい
冬キャンプのエアーマットはこれに決まり
冬キャンプのエアーマットはこれに決まりキャンプで寝る際には寝袋の下にマットを敷きます。マットを敷かないと地面からの冷気と硬さが直に背中に伝わり、寝袋だけでは緩和しきれないからです。材質はフォーム...

冬キャンプにおすすめのコット


Hilander(ハイランダー) 軽量アルミローコット ブラウン

収納サイズ長さ×幅×高さ㎝188*68*16
使用サイズ直径×長さ㎝14*55
耐荷重kg80
重さkg2

ヘリノックスのコットを所持してますが、まずまず同等レベルと言えるでしょう。少々ギシギシ音はしますが我慢できるレベルです。組み立て簡単、軽量、女性でも使用できると思います。ずっと気になっていたコスパ最高なハイランダーのコットを購入してとても良かった。他のハイランダー製品もチェックしてみようと思います!

Amazonレビューより

他のコットにないメリット

さきに触れましたが、ブランケットをかぶせると、断熱効果が高くなります。

こちらの商品は高さが低いロータイプのコットなので、大きなブランケットじゃなくても十分に空気層をつくることができます。

耐荷重80kgは、ほかの商品を見ても目を引くことではありませんが、それを2kgという総重量で実現していることです。

それに加え、ほかの多くの商品のメインポールが3分割なのに対して、この商品は4分割になります。ということは、おのずと収納スペースを小さくすることになり、収納サイズを小さくすることができます。

荷物が軽量コンパクトになることで、ほかの暖房器具を充実させることができ、このことは、夏キャンプに比べ、どうしても荷物が多くなりがちな冬キャンプでは、大きなメリットになります。

気になる点

軽量コンパクトを実現するために、ほかの商品の脚が4本なのに対して、この商品は3本です。

使用上問題ありませんが、ふいに1番端に座ったときに転んでしまうことがあります。高さが低いので大きなケガにつながることはないと思いますが、ストーブが近くにあるときは、慎重に扱いましょう。

また、メリットのところで触れましたが、耐荷重80kgという点は、使い方によってはデメリットになってしまいます。

平均的な体重の方が寝たり、小さなお子さん2人が並んで座るには問題ありませんが、飛んだり跳ねたり、または、カップルでベンチがわりに座ると、耐荷重をオーバーしてしまいます。

いきなり壊れることはありませんが、注意が必要です。

DOD ハンペンインザスカイ

収納サイズ長さ×幅×高さ㎝44*25*22
使用サイズ長さ×幅×高さ㎝190*78*39
耐荷重kg180
重さkg5.9

寝心地最高でした。

ふかふかで家のベッドより寝れたかも、、、

Amazonレビューより

他のコットにないメリット

エアーマットが内蔵されていて、ハンペンの名の通りフワフワの寝心地が最大のポイントです。

エアーマットは、断熱効果が高いので冬用の寝袋と合わせると朝までぐっすりです

ロースタイル、ハイスタイル両方での使用が可能で、ハイスタイルの使用時は、ベンチとして3人で腰掛けることができます。耐荷重180㎏だからこその安心感ですね。

マットは空気を入れることでふくらみ、ポンプが付いているので簡単にふくらますことができます。

気になる点

耐荷重が180㎏もあるので、仕方のないことですが、重さが約6㎏は家族全員分と考えるとやはり重く感じます。

横幅が78㎝なのも気になるところ。テントの広さに余裕がないと、3人4人と置くときゅうくつに感じるかもしれません

フィールドア(FIELDOOR) アウトドアコットT/C

収納サイズ長さ×幅×高さ㎝92*8*17
使用サイズ長さ×幅×高さ㎝190*69*40
耐荷重kg180
重さkg5.1

買って良かったです!マイナス8度の冬キャンプはヒーターとこれで堪えました。 

楽天市場レビューより

他のコットにないメリット

T/Cというのは、ポリコットンというコットンとポリエステルの混紡の生地で、焚き火の火の粉につよい、冬キャンプにうってつけの素材です。

耐荷重が180㎏なので、焚き火のそばでベンチがわりに使うこともできます。

高さが40㎝ということと、脚が3本なので、荷物を下にたくさんの置くことができます。寝るときにコットの下に荷物を置くことで地面からの冷たさをより防ぐことができます

気になる点

耐荷重がしっかりしているけれど、横幅が少し狭いです。なれてしまえば平気ですが、初めてコットを使う人には不安かもしれません。

収納サイズが少し大きいので、3個4個と揃えるのであれば、積載スペースに余裕が欲しいです。

ハイランダー コット用フリースカバー

使用サイズ縦×横㎝220*93
素材ポリエステル

おすすめポイント

起毛素材で暖かくフワフワもこもこで、コットに敷くことで、より冷気を遮断することができます。

ポリエステルなので、ご家庭で気軽に洗濯できて、いつでも清潔に使用できるのもうれしいです。

気になる点

起毛の毛足が長くどうしても抜けやすいので、ご家庭で洗濯するときは、洗濯ネットにいれて洗いましょう。

また、ポリエステルで起毛ということで、静電気が起きやすいです。敏感な方は静電気の防止効果の高い柔軟剤で洗うことで、軽減することができます。

あわせて読みたい
ファミリーキャンプのおすすめコットはこれだ
ファミリーキャンプのおすすめコットはこれだ【コットってなに?】コットとは組み立て式のベッドのことです。脚部、支柱、本体の布からできていて、持ち運び、現地で組み立てて使用します。コットを使用することで...
あわせて読みたい
冬キャンプのエアーマットはこれに決まり
冬キャンプのエアーマットはこれに決まりキャンプで寝る際には寝袋の下にマットを敷きます。マットを敷かないと地面からの冷気と硬さが直に背中に伝わり、寝袋だけでは緩和しきれないからです。材質はフォーム...
あわせて読みたい
初めての冬キャンプ 初心者がどうやって始めたら良いか
初めての冬キャンプ 初心者がどうやって始めたら良いか冬キャンプって寒そうでなかなか踏み出せないと思っていませんか?冬キャンプは夏のキャンプで得られない非日常感が味わえます。寒さを理由に避けているのなら、一度試...

キャンプ用品の高価買取

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる