年に一度のブラックフライデーセール開催中

ファミリーキャンプでおすすめの3シーズン用寝袋と選び方

目次

キャンプで寝袋なしで過ごせるか?

春先や秋などは、寝袋なしではきびしいですが、逆に夏ですと寝袋に入ると暑くて眠れないという事態になります。

春、秋のキャンプでまだ慣れていない方は、お布団を持ち込むという手もあります。

この方法だと寒暖差に対応しやすく、普段家で眠る感覚と近いので、安心です。

また、夏は寝袋に包まってしまうと、暑くて目が覚めることもあるので、寝袋を広げてタオルケットの様に使うのも良いでしょう。

おすすめの寝袋

モンベル ダウンハガー800 #3

モンベルの代表的な3シーズンモデル。

独自の伸縮生地により、体と寝袋の空間を少なくしつつ、そのままあぐらをかけるほど窮屈さがありません。

ちなみに#3の数字が少なくなるほど、使える気温が低くなります。

イスカ アルファライト 700X
イスカの中ではリーズナブルな商品です。
それでいて基本性能はしっかりしていて、春~秋の3000m峰の山での使用も可能です。


少しオーバースペックと思われるかもしれませんが、中綿が化繊なので、多少の濡れなら平気なので、お子さんの使用でも安心です。

ナンガ UDD BAG 450DX


羽毛そのものに撥水加工を施し、濡れに弱いという弱点を克服しました。


値段はお高めですが、価格に見合った快適さを得られる商品です。

寝袋の収納方法

化繊の寝袋は、収納袋の幅に合わせて折りたたみ、下から順に詰めていきます。

対してダウンの寝袋は、中綿がちぎれてしまうため、折りたたまずに、収納袋にドンドン詰め込んでいきます。

家での保管は、収納袋から取り出し、日のあたらない風通しの良い場所にしまいます。

私は、ホコリが付かないように、100均の洗濯ネットに入れて保管しています。

寝袋の下には何を着る?

寝袋に入る時に着るものは、パジャマが一番楽です。

それでなくても寝つけないキャンプの夜は、できるだけ締め付けの少ない服装が良く、パジャマであれば、自宅で過ごす感覚で居られます。

けれどもキャンプにはなかなか持って行くこともできないので、コットンのスウェットがあると便利です。

コットンであれば、焚き火の火にも強く、キャンプライフに最適です。

寝袋マットの併用が必要です

就寝の際、テントの中で直に寝袋を敷いて寝ようとしても、地面のデコボコ、冷たさが感じられ、寝にくいです。

ですので、エアーマットなどを敷く必要があります。

おススメのマットは、こちらの記事をご覧ください。
(ファミリーキャンプのおすすめマット10選)

あわせて読みたい
ファミリーキャンプのおすすめマット10選 【マットはなぜ必要?】 寝袋がお布団としたら、マットは、文字通りマットレスの役割を果たします。 テントの中とはいえ、布一枚下は地面なので、就寝時に硬さや冷たさ...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる