年に一度のブラックフライデーセール開催中

【意外に重要】キャンプのテント設営におすすめのペグとハンマー

ペグとペグハンマーの紹介です。ペグなんて付属品で十分と思っていませんか?

付属品だとキャンプ場によっては刺さらなくて張れないことがありますが、しっかりしたペグならそんなことはありません

ペグハンマーがあれば硬い地面にも簡単に打ちこむことができ、手放せなくなります。

確かなアイテムを手に入れて、安心して出かけましょう

目次

ペグの役割

ペグは、テントやタープの倒壊を防ぐとともに、テントをしっかり固定することで、サイズどおりの室内空間を得られます。

使用人数ギリギリで使う場合は、寝るときに頭が付いてしまいますが、ペグを使いピンと張ると若干ですが解消します。

私はネットがないころにキャンプを始めたので、情報がなく、「ペグなんかいらないだろう」と持って行かなかったら、ちょっと目を離したらそよ風程度で横倒しになり、中の荷物がぐちゃぐちゃになったことがあります。

そうならないためにもあなたはしっかりペグを打ちましょう。

ペグの種類

ペグにはプラスチックアルミニウムチタン鋳物(スチール)製があります。

断面のかたちは〇Uが一般的です。(ほかにスクリュー型などもあります)

それぞれ向いているスタイル、状況があるので適切に選ぶと、より快適に過ごすことができます。

ペグの選び方

ペグの材質

断面重さ丈夫さ適した地面
プラスチック×芝生・砂
アルミ芝生・砂
チタン芝生・砂・岩場
鋳物×岩場
材質から見る相関図

プラスチック・アルミニウム・鋳物・チタンの順で丈夫になり、硬い地面でも刺さります。

重さは鋳物がダントツで重いですが折れにくく、刺さらないことがほとんどなく信頼感が高くなります

プラスチックアルミニウムは強度が低いですが、低価格で軽量です。

チタンは価格が気になりますが、重さ強度は見合ったものです。

ペグの断面

断面丈夫さ適した地面
アルミ× 鋳物◎芝生・岩場
V芝生
Y,X土・粘土質
U砂・雪
断面から見る相関図

ペグにはその断面により得意な地形があります。

Vは芝生など柔らかい地面、Y、Xは土や粘土質のところ、Uは砂浜、雪など歩くと足が埋まるようなところ、〇は砂利や岩場など地面の堅い所に適しています。

おすすめのペグ

  • 素材:鋳物(スチール)
  • 断面:〇
  • 重さ:1.08㎏
  • 長さ:30㎝

鍛造という鉄を叩いて強度を高めた商品。

重いので自転車や公共交通機関を使ってのキャンプには不向きですが、車やバイクでの移動なら問題ありません。

土の中に石があってもグイグイ打ち込めます。

断面は〇型

  • 素材:チタン
  • 断面:〇
  • 重さ:72g
  • 長さ:30㎝

コスパが良いとは決して言えませんが、強度と重さは値段に見合ったものです。

長さは30㎝でテントにもタープにもつかえる汎用性の高さも魅力。

断面は〇型。

  • 素材:プラスチック
  • 断面:T
  • 重さ:35g
  • 長さ:31㎝

強度がないので、かたい地面に打ってしまうと折れてしまいますが、キャンプ場の状況がわかっているときは、十分に使えます。

錆びないのでメンテナンスが楽。値段も高くないので予備を用意しても負担にならないです。

断面は抜き差しのバランスが良いT型

  • 素材:アルミ合金
  • 断面:U
  • 重さ:52g
  • 長さ:31㎝

強度は若干おとりますが、軽いことと、U型なので重ねて収納でき、場所をとらないのが魅力です。

砂浜や、雪山キャンプに対応するので、ちょっとかわったところで使いたい人にうってつけ。

  • 素材:アルミ合金
  • 断面:Y
  • 重さ:18㎝12g 25㎝38g
  • 長さ:18㎝ 25㎝

18㎝と25㎝でタープを張るには向きませんが、テントの張り綱なら十分です。

反射材の入ったコードが付いているので、夜でも視認性が高いのが嬉しいポイント。

アマゾン価格10本約1400円と、コスパの良さが魅力。(2021.6.15現在)

ペグの収納方法とケースの活用

ペグの収納方法にこまっていませんか?

先端の尖ったものなので、小さなお子さんがいると、より注意が必要です。

ペグは、テントの大きさや構造で必要な本数が違いますし、タープを張るとなるとその数はドンドン増えていきます。

現地についてから足りないことに気づいたり、撤収のときに忘れて帰ることありますよね?

そこで収納アイテムのご紹介です。

効率よく片付け設営撤収時の紛失防止にお役立てください。

  • サイズ:縦15×横42×マチ15cm
  • 材質:コットン帆布
  • 重量:720g

ナイロンよりも重いですが、丈夫で使いこむほどに手になじみ風合がでて、道具をそだてる楽しみを味わえます。

フラップ式の蓋はあけしめしやすく、中の確認と道具の出し入れが簡単。

ハンマーも収納できます。

撥水加工のされたコットン素材。

おすすめのペグハンマー

ペグハンマーなんて金づちでいいんだろう?と思っていませんか?

いいえ、1度専用のものを使ってみてください。

ペグハンマーがあれば楽に、簡単に打ち込むことができ、その違いにおどろきます。

私もキャンプを始めたころ、ペグは落ちている石でと言われていましたが、手が痛くなり打てたものではありません。

良い道具で快適に過ごしましょう。いまは良いのが売っています。

最も売れているペグハンマーはこれ

  • 重さ635g
  • 長さ29㎝

ソリッドステークと同じ、鍛造で作られています。

重いですが、その分少ない力と回数で打ち込むことができます。

打撃部が銅のPro.Cもあり、柔らかい分手にかかる衝撃は少ないですが、交換が必要。Pro.Sはノーメンテナンスでながく使えます。

収納ケース、すっぽ抜け防止ストラップつき

  • 重さ380g
  • 長さ32㎝

約380gと軽量で、打ち込むときに力が必要ですが、その分女性でも扱いやすく小学生でも使うことができます。

打撃部は高炭素鋼で強度が高く、ペグ抜き、すっぽ抜け防止ストラップなど基本機能は抑えた、高コスパ商品。

まとめ

縁の下の力持ち、ペグについてお話してきました。

ファミリーキャンプで車での移動なら、重さは問題にならないので、ソリッドステークがおすすめです。

1本1㎏と重量級ですが、パパが片手に5本くらい持って打てば、お子さんのヒーローになれますよ。

影の主役、ペグハンマーもおすすめ。

1度使うと手放せなくなるアイテムの1つです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる